月別アーカイブ: 2014年11月

21期(6年) 世田谷U12大会で優勝‼︎

11月23日に行われた「世田谷区民体育大会・U12大会」決勝で、F.C.エスペランサの21期(6年)が、PK戦の末に強豪・トッカーノを下し優勝を決めました。21期の世田谷大会優勝は4年秋の区民大会以来、2年ぶり2回目です。

決戦の舞台は、いわばエスペランサの準ホームとも言える「駒沢補助球技場」でした。1年生の頃のコーチを始め、2年生〜5年生の時に指導してくれたコーチなど21期を育ててくれた方々、そして、多くの先輩・後輩たちが応援に駆けつけてくれた中、16人の選手たちは心をひとつに決勝に臨みました。
相手は、バディSCと並ぶ世田谷屈指の強豪、FCトッカーノ。
絶好の秋晴れの下、キックオフーーーその直後、よもやの展開となります。

前半2分、水無瀬選手が得意の左足でゴール右隅にシュート。キーパーが弾いたボールを、詰めていた梶本選手がゴール左隅にゴール。
2014-11-23-01
<前半2分、梶本選手(白のユニ右から2人目)が先制点を決める>

そのわずか1分後。左サイドのコーナー近くで相手ディフェンスがハンドのファールでFKを得ます。過去、何度も直接ゴールを奪ってきたFKの名手・寺町選手。右足で蹴ったボールは、キーパーが伸ばした手の上を通り直接ネットを揺らしました。
2014-11-23-02
<前半3分、寺町選手のFKで2点目>

早々と2点を奪ったエスペランサは、さらに畳み掛けます。
前半12分。自陣でパスを受けた水無瀬選手が、スピードに乗ったドリブルで、追いすがるディフェンダーを跳ね飛ばしながら40M近く独走し相手ゴールに迫ります。放ったシュートは一旦はキーパーに弾かれますが、こぼれ玉をそのまま自分で押し込んで3点目。
2014-11-23-03
<3点目をあげ、チームメイトから祝福を受ける水無瀬選手>

楽勝かと思い始めた矢先、さすがはトッカーノ。直後の前半13分、エスペランサは1点を返されます。底力を見せるトッカーノに、後半11分と16分に失点したエスペランサは、ついに同点に追いつかれます。その後も度重なるピンチ。しかし、エスペランサの守護神・キーパーの朝来野選手がファインセーブを連発し追加点を許しません。
ゲームは、こう着状態のまま前後半5分ずつの延長戦に突入したものの、それでも決着はつかず、勝負はPK戦に。

先行のエスペランサが決めると、その後で確実に決めるトッカーノ。それぞれ5人とも完璧に決めPK戦はサドンデスに。
2014-11-23-04
<落ち着いてPKを決める6人目、篠崎選手>

6人目まで決めたエスペランサ。トッカーノの6人目が蹴ったボールはーーーー
クロスバーを越えていきました。

PK戦といえばずーっと負け続けていた21期ですが、6年の夏からはPK戦で勝ち続けていました。まさに、心身ともにたくましく成長した選手たちが掴んだ劇的勝利でした。
2014-11-23-05
<みんなで掴んだ「勝利」の証>

素晴らしい21期の16人。感動をありがとう!
IMG_4112 2

【試合結果】
決勝 vs.FCトッカーノ
 前半 3-1
 後半 0-2
 延前 0-0
 延後 0-0
 PK戦 6-5

20141123

Jリーガー田中奏一選手・応援ツアー

F.C.エスペランサの卒業生で唯一のJリーガー・田中奏一選手の応援に、選手とコーチ・保護者有志で行きました。
田中選手は、エスペランサ8期生で、現在、J2のファジアーノ岡山のMFとして活躍しています。
今シーズン最後の関東遠征となった11月9日、対戦相手の横浜FCのホーム・三ツ沢グラウンドに向かいました。朝から降っていた雨も上がり時折り陽射しが差し込む中、予想以上にアウェイゴール裏はファジアーノサポーターでいっぱいでしたが、なんとか田中選手応援バナーの位置を確保しました。
IMG_6815
残念ながら、田中選手の出番はありませんでしたが、ゲームは2−0でファジアーノの勝利、J1昇格へのプレーオフ進出の望みを残しました。
IMG_6819
<エスペの選手たちに手を振る26番・田中奏一選手>
IMG_6827

ゲーム後は、エスペランサの選手たち一人一人に笑顔でサインをし、
「よくエスペの試合結果はチェックしていますよ」と、言葉をかけてくれた田中選手。ありがとうございました!
IMG_6842
IMG_6835
IMG_6855
<エスペランサ同期の健奨コーチと>
IMG_6853