月別アーカイブ: 2017年8月

エスペランサ サマーカップ4年生大会 準優勝!!

2017年8月11日に第17回 F.C.エスペランサ サマーカップ4年生大会が開催され17回目の自主開催でエスぺ4年は初の入賞で準優勝となりました!!

今回は江南南SS、ヴィットーリアスFC、小柳まむし坂SC、国立SSS、S-PフッチSCを迎えての開催です。優勝は強豪 江南南が8年ぶり3回目の栄冠となりました。

エスぺのグループリーグ初戦は好敵手 国立SSS。前半3分エース ゼンがドリブルで抜け出し豪快に先制点を決めるも7分にハンドからPKを取られ失点。同点のまま迎えた後半はハードプレスを続けるエスぺペースで展開するも10分に隙を突かれ手痛い逆転弾を国立SSSに決められ、攻め続けるもゴールが遠く敗戦…

続く第2戦は千葉の名門ヴィットーリアス(旧三井千葉)。背水の陣ながら全員出場で勝利を目指します。足元の上手い相手にもひるまずエスぺはプレスをかけ続け相手を焦らせミスを誘うとCBからDHに上がった鉄人タイキが値千金の先制Goalをゲット!タクヤ・ユウトのCBが献身的にピンチを摘み取ると、後半10分にもサイドに展開したサキにパスが渡るり相手DFが足を滑らせた隙を逃さずペナルティーエリアに侵入し落ち着いて待望の追加点を上げる。そして2:0のまま試合終了。エスぺは望外の勝ち点3を手に入れる。

ヴィットーリアスvs国立SSSの結果次第で1位も3位もある展開の中、ヴィットーリアスが勝負強さを見せ2-1と勝利。3チームが勝ち点3で並ぶ三つ巴となるしびれる展開の中、得失点差+1のエスぺが1位抜けし、なんと決勝進出!

決勝戦は原口元気を排出した全国常連の江南南。エスぺは全力でぶつかるも前半0-5、後半0-2の大敗。それでも全員が諦めずに最後まで走り切り、CKからのヘッドなど いくつかのチャンスも作る事が出来ました。優秀選手賞は多くのピンチをしのいだGKハルトが受賞。

3位決定戦は国立SSS vs 小柳まむし坂の好敵手対決を制したまむしが入賞。

GPフェスティバル、246道の日杯サマーカップ、小柳まむし坂東スタ杯と多くの強豪相手に強化試合を行ってきた結果が実り、良い夏休みとなりました。

参加チームの皆様、ありがとうございました。

サマーカップ3年生大会は4位!

8月13日、FCエスペランサ主催の「サマーカップフェスティバル3年生大会」を、ホームグラウンドの学芸大学附属世田谷小学校グラウンドで開催しました。

18回目となる今年は、曇り時々晴と、8月中旬の割には過ごしやすい中、東京はもちろん、神奈川・千葉・埼玉から8チームが集いました。

予選は、4チームずつの2グループに分かれての総当たり戦。
エスペランサは、初戦のFCトレーロス戦を4−1と望外の大量点で幸先良いスタート。
2戦目は江南南SS戦。全国的な強豪にどこまで食い下がれるか…。
結果は0−3の完敗でしたが、気持ちは負けていなかったよ。
勝点3で臨んだ最終3戦目の相手は、同じくここまで勝点3の国立SSS。
初戦の4得点が利き、引き分けなら得失点差でエスペランサがグループ2位通過となる戦い。
しかし、先制点を挙げたのは国立SSS。
予選を2位通過と3位通過では大きな違いとなるなか、選手たちは執念を見せてくれるのか…。
コーチたちの一抹の不安をよそに、エスペランサは前半に同点に追いつき、
このまま辛くも引き分けで2位に滑り込むかと思いきや、試合終了直前に逆転のゴール!!
堂々と予選リーグの2位通過を決めました。
IMG_1147

午後は、予選リーグの2位同士で「3位決定戦」です。
相手は、これも強豪のバディSC江東。
(トロフィーは3位までしか用意していないぞ…)
途中まで0−3と押し込まれていたエスペランサですが、終盤、1点を返し「もう1点!」と気持ちがこもる中、終了直前に再び失点で1−4。
でも、得点差以上にナイスゲームだったよ。
IMG_1150

最終順位は、8チーム中4位ですが、出席した14人全員で戦った結果は誇りに思います。

今日の経験を生かして、秋の世田谷大会を勝ち進んで行こう!

(FCトレーロス・江南南SS・国立SSS・バディSC江東・SFAT伊勢原SC・小柳小まむし坂SC・修得FCのみなさん、大会に参加してくださってありがとうございました)

<大会結果>
優 勝:江南南サッカー少年団
準優勝:SFAT伊勢原サッカークラブ
3位:バディサッカークラブ江東
4位:F.C. エスペランサ
5位:修徳フットボールクラブ
6位:国立スリーエス.フットボールクラブ
7位:小柳小まむし坂サッカークラブ
8位:フットボールクラブ トレーロス