月別アーカイブ: 2020年3月

第20回エスペランサ女子ファイナルカップで3位入賞!

 

2020/2/24 ホームグラウンドの学芸大附属世田谷小学校グラウンドにて第20回エスペランサ女子ファイナルカップを開催し、エスペランサガールズは3位入賞となりました!

前日・前々日を6年生は関東ガールズエイト、5/4年生は東京FA会長杯と3日連続の疲れも残る中、2月とは思えない暖かな小春日和に恵まれた中で交友のある7チームをお招きして全8チームの少女達の熱い闘いが繰り広げられました。

<最終結果>決勝トーナメント優勝:幸チェリーズ、準優勝:横須賀シーガルズAMY、3位:エスペランサガールズ、4位:北区さくらガールズ、チャレンジトーナメント優勝:FC RIGAR AZAREIA、準優勝:駒林SCローザ、3位:小柳まむし坂エリーゼ、4位:綾南FCガールズ

お越し頂いたチームの皆さま、ありがとうございました。

エスペガールズはサキ・モネ・ナオ・リサ・ユズ・ホノカ・キクノ・サエ・ココミ・ツグミ・ココロ・ユカ・マイ・ミキ・イチカの15名で参加。

予選リーグ初戦の相手は駒林ローザ。立ち上がりで緊張は見られましたが、ユズの先制点を皮切りにモネが2ゴールを決めると後半にはナオのクロスがオウンゴールとなり、続けてサキが弾丸ミドル、最後はモネの折り返しをユカが上手く決め全員出場で6:0と上々の勝利。続く2戦目はリーガルアザレイア。ベストメンバーで挑むも前半は0:0で折り返し。後半、左サイドでボールを受けたモネがキーパーの飛び出しを逃さず芸術的なループシュートで決勝点。1:0の2連勝で上位トーナメント進出を決めました。3戦目の幸チェリーズ戦はユズ・ナオ・リサの6年生が圧巻のゴールを決め3:0で無失点で予選リーグを1位通過。

決勝トーナメント初戦となる準決勝は優勝候補の横須賀シーガルズと対戦。期待通りの強さで一気に攻め込まれるもエスペもナオ・ユズ・リサを中心とした鉄壁の守備陣が応戦。しかし前半終了間際にGKとディフェンスのパスをカットされ痛感の失点。攻撃陣も奮起し何度もチャンスを作るもゴールマウスを捉えられず0:1で後半へ。後半は攻撃的なメンバーで一進一退の攻防戦となりましたが、カウンターから失点。激しさを増す中で抜かれない女ナオが接触し足を痛め交代。かなり厳しい状況で攻め続けましたが0:2で夏の対戦の雪辱を果たされてしまいました。

3位決定戦では北区さくらガールズと対戦。フィジカル・チームとしての完成度の高いチームとが相手とあって、序盤はボールを支配されるも、次第にペースをつかみ攻勢をかけるエスペ。前半終了間際に得たコーナーキックでモネが放った強いキックはキーパーの手を弾きゴールへ。待望の先制点!前半は良い雰囲気で折り返し。後半も怒涛の攻めを見せ、中でもサキ・モネのパスワークは美しくワンツーからのスルーパスで幾度となく決定的なシーンを演出しましたが、相手のGK/DF陣に阻まれ追加点は奪えませんでしたが、全員出場で堂々の3位入賞となりました。

残念ながら翌週から新型コロナの影響で翌週以降の活動が無くなってしまった事もあり、6年生にとっては急な最後の試合となってしまいましたが、滑り込みで素晴らしい大会が開催出来た事に感謝致します。

2020.2.22〜23 東京FA会長杯にてガールズ新ユニデビュー!

2020.2.22〜23の第3回 東京FA会長杯にてガールズ新ユニデビューしました!

エスペランサ伝統のブルーをメインに青白に赤の挿し色は変わりませんが、かの高橋陽一先生のShopである ”SOLum(ソルン)”さんにて女子の代表ユニホーム(AWAY)を十数年ぶりに刷新しました!

東京FA会長杯はU11のフットサル大会で5年生のエスペランサレッドと4/3年生のエスペランサブルーの2チームにて参加。最終成績は全36チーム中レッドが7位、ブルーが16位と多くのチームと2日間にわたり対戦し、奮闘してくれました。

エスペランサRED

予選1次リーグ (1位通過)

vsアルメール 7:0 (キクノ2,ツグミ2,ココミ,モカ2)

vs個人参加C 4:0 (ココミ3,ユカ)

vs武蔵野なでしこ 2:0 (モカ2)

予選2次リーグ (1位リーグ3位)

vs FC KAISHIN PINK 1:1 (モカ)

vs G-HAS 1:1 (モカ)

決勝リーグ (1位-銅リーグ1位)

vs A-Girls RED 4:1 (ココミ,モカ3)

vs富士見丘アンジェリーナ 2:2 (ユカ,モカ)

エスペランサBLUE

予選1次リーグ

vs立九SCディフィーネ 1:0 (イチカ)

vs欅SC女子 3:2 (カイ,イチカ,アイネ)

vs個人参加E 2:2 (イチカ2)

予選2次リーグ (2位リーグ3位)

vs個人参加D 2:5 (イチカ,アイネ)

vs高井戸レオナス 0:0

決勝リーグ (2位-銅リーグ)

vs東加平キッカーズ女子 2:2 (イチカ2)

vs府中なでしこ 2:1 (ジェイ,OG)

2020.02.11 高橋陽一杯、開催!

2月11日(火・祝)、高橋陽一杯(4年生(28期)大会)を好天のもと、行うことができました。

高橋陽一さんの全面的な協力をいただき、まさにゴールデンエイジの子どもたちが、力いっぱい戦いました。

これからのみんなに期待!

2020.1.12エスペガールズが第2回スフィーダカップにて準優勝!!

2020/1/12 エスペランサ ガールズは第2回スフィーダ世田谷カップに出場し、準優勝の栄誉を得ました!!

 

リニューアルされた世田谷区大蔵総合グラウンドで開催された大会はなでしこ1部リーグのトップ選手との交流会もあり、選手達にとっても思い出深い大会になりました。

 

エースの6年サキをインフルエンザで欠いた大会となりましたが、ナオ・モネ・リサを中心にホノカ・キクノ・ツグミ・ココミ・マイ・ミキ・リオナ・カイの11人で頑張りました。

予選リーグでは烏山に3:0、松沢に5:0と快勝!そして今年度初対戦となったバディには0:2と惜敗も、東京チャンピオン相手に十分に見せどころのある動きを見せてくれました。

決勝トーナメントではFCアマゾネス明正に4:0と準決勝も無事に勝ち進み決勝で再びバディと対戦。

ここまでモネは9ゴールの大活躍!

本日5試合目で疲れの見えるエスペガールズに対し、バディは無尽蔵のスタミナで動きが止まらず苦しい展開。鉄壁のディフェンス陣が必死に守り、GKホノカのスーパーセーブが続くも0:4で終了。

試合直後のピッチで選手達の大半が悔しくて泣いている姿に、彼女達の成長した姿と今後の躍進を確信させてくれた瞬間でした。

第2回スフィーダ世田谷カップ_試合結果

5年生(27期)U-11秦野市少年サッカー大会(第27回ピーナッツカップ)で優勝!

2020年2月22日(土)、23日(日)の二日間にわたり、秦野市おおね公園で開催されたU-11秦野市少年サッカー大会(第27回ピーナッツカップ)に参加してきました。二日間とも晴天に恵まれ、鮮やかな人工芝のピッチで、サッカーを思う存分を楽しんできました。

大会初日の予選では、初戦から流れるような前線のパスワークで先制点を取る展開が続き、3連勝。予選から強豪との試合が続きましたが、1トップとインサイドハーフの連携が上手く機能、特にここ最近重視してきたワン・ツーを使った抜け出しが面白いくらい決まり、得点を量産。Cグループ1位の成績で決勝トーナメントに進出することができました。

大会2日目。決勝トーナメント初戦の相手は大根ラディッシュ。開始2分、今大会1トップで起用されているリョウが豪快にミドルシュートを決めて先制。最高のスタートを切ります。その後も決定機を作るもののあと一歩のところで追加点が決まらず、嫌な空気が漂います。後半も残り1分のところ、カウンターから失点し、そのままPK戦へ。悪い流れからのPK戦突入でしたが、エスペの選手は全員キックを成功。最後はPK戦からキーパーに入ったリョウがシュートをセーブし、勝利を収めました。

決勝トーナメント準決勝の相手は南が丘SC。Bブロックを全勝で通過した強豪です。開始1分、右サイドのハルの突破から中央のリョウを経由して左サイドのタイチロウへと鮮やかなパス回しが決まる。フリーで受けたタイチロウが左足で、ゴール右隅に鮮やかなシュートを決めて先制。その後は防戦に回る展開。相手チームの両ウイングの足が速く、サイドバックの裏を突くパスを何度も通されるが、シュンスケ、ユウトのポジショニングを修正して対応。ここ最近意識して練習してきたディフェンスのポジショニングを試合で生かすことができました。試合は前半の途中で追いつかれ、2試合連続のPK戦へ。相手チーム〇〇、エスぺ〇×で迎えた3人目。相手が決めれば負けという状況で、キーパー・リョウのファインセーブ。PK戦を逆転で制すと、いよいよ決勝の舞台へ。

決勝戦の相手は予選から圧倒的な強さを発揮し、5連勝で決勝に進んできた強豪、秦野FC Redでした。決勝戦は、試合開始から防戦一方の試合展開となりました。相手のシュートは20本近く受けたと思いますが、ゴールキーパーに入っているエイタのスーパーセーブと、ディフェンスライン、ボランチを中心とした体を張った守りで、前後半通じ30分間無失点でしのぎ切りました。決勝もPK戦で勝者を決定することとなりました。エスペランサにとっては3試合連続のPK戦。決勝でのPK戦に会場内も張り詰めた空気に。試合に出ている選手だけでなく、ベンチの選手やコーチングスタッフも肩を組み、一丸となって勝利を祈ります。PK戦は準決勝と同じ展開となり、相手チーム〇〇、エスぺ〇×で迎えた3人目。相手が決めれば優勝という展開で、会場内の緊張は最高潮に。私たちの快進撃もさすがにここまでかと思われたそのとき、またしてもキーパー・リョウのスーパーセーブ。相手選手のコントロールされたゴール左隅へのシュートを横っ飛びすると右手の先でボールをはじき出しました。その後、タイチロウが冷静にキックを決めると、最後は相手選手のキックをリョウがセーブし、PK戦3試合連続の勝利でした。諦めない選手たちが一丸となって掴んだ優勝でした。

従来から得点力不足が課題となっていた27期でしたが、今大会では、決勝以外のすべての試合で先制点を取る理想的な試合運びをすることができました。また、先制後に追いかけられる展開が続きましたが、ディフェンスライン、ボランチを中心とした体を張った守りやゴールキーパーの好セーブで、勝利を手にすることができました。技術的には他のチームに劣っている面もありましたが、27期の選手たちは最後までよく走りました。参加16チーム中でも1、2位を争う運動量だったのではないかと思います。

高学年になってから、一度もタイトルに手が届かなかった27期。27期の高学年初タイトルは、奇跡的な勝利の連続で全試合ハラハラ、ドキドキ、予選を通じ一度もリードを許すことなく戦った末に手にすることができました。今までなかなか勝てなかったけれど、諦めずに戦い、強豪揃う16チームの頂点に立った選手たち褒めてあげたいと思います。そして、今大会を主催し、毎年招待してくださっている秦野市サッカー協会少年委員会の皆さまに感謝するとともに、ここまで縁を繋いできてくれたエスペランサの先輩たちにも感謝したいと思います。どうもありがとうございました。

[今大会の試合結果]

予選G第1試合 秦野本町SS   2-1

予選G第2試合 東FC          3-2

予選G第3試合 秦野FC White  2-0

決勝T1回戦   大根ラディッシュ 1-1 (PK 3-1)

決勝T準決勝  南が丘SC        1-1 (PK 5-4)

決勝T決勝   秦野FC Red      0-0 (PK 3-2)